竹林整備事業

初夏から初冬にかけて、栃木県さくら市小入の竹林とその周辺の里山の管理保全作業を、八木澤竹芸の生徒さんとともに実施しています。八木澤正が講師となって、竹林整備の講習会を開き、下草刈り、作業道整備、間伐、病気の竹の伐採などを行います。初冬は収穫の時期で、道具の使い方や竹の選び方を学んで、竹の収穫を行います。竹林に加えてその周辺の林も同様に整備する理由は、里山の文化的価値を高めることの他、竹を切らせていただいている土地所有者への感謝の気持ちと、周囲の林が竹林に悪影響を及ぼさないようにするためです。